平屋建てと自然災害

 

平屋建てと自然災害

 

東日本大震災や関東地方の竜巻、西日本の豪雨災害など自然にどのように対応していくかはとても大事なことです。

 

災害に強い建物とはどういうものでしょうか?

 

それは、立地条件と建物の構造がとても大きな要因になります。

 

 

自然災害が建物に及ぼす影響で一番身近なのが、台風と地震です。

 

台風

 

建物はこれらの災害に耐えうるべく設計されます。それは、家を建てる前に当該審査機関に確認申請を提出し、その建物が建築基準法にのっとっているかを審査してもらいます。

 

建築設計の際には風と地震に対しての強度チェックをします。

 

平屋の建物は2階建てに比べて安定していますので、耐力壁をさほど多く配置しなくてもまず問題ありません。

 

 

 

参考サイト:平屋建て住宅 間取りと価格

 

 

平屋建ては、火災や地震などで避難するときには2階建てよりも有利ですが、洪水や積雪などに対しては不利な面もあります。

 

建築地が防波堤や川の土手などより低い場合などは、GL(グランドライン:地盤の高さ)をあらかじめ高くしておくことが必要です。

 

費用的に負担にはなりますが、建物の下を鉄筋コンクリート造の駐車場にすることも考慮できればいいと思います。

 

建築前に、その土地の海抜や、以前に洪水などの被害がなかったかどうかを調べることも必要です。

TOPへ