平屋建てのメリット・デメリット

 

平屋建てのメリット・デメリット

 

平屋建ての最大のメリットといえば、建物内での事故が少ないことでしょう。

 

住宅での事故や怪我のうち、転倒や転落によるものが多いです。

 

中でも、階段での事故が多く報告されています。

 

平屋建ては、骨折など大けがにつながる階段での事故がないので大きなメリットといえます。

 

ちなみに、住宅内では、建物の構造などに起因しない、熱傷や衝突、ドアなどに挟まれ事故もあります。
   

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4040812048123189"
data-ad-slot="3883136510"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

平屋建てのメリット・デメリット記事一覧

平屋建てのメリット平屋建ては楽ちん新築して最初の作業が引っ越しです。平屋建ての建物は、階段を使っての荷物の上げ下ろしがないのでとても楽です。特に、エレベーターのないアパートの上階に住んでいた方などは強く感じることと思います。平屋建ては安全階段がないということは、ほかにも大きなメリットがあります。平屋建ての住宅は、2階建てに比べてけがが極端に少ないのです。階段での転倒事故は思いのほか多く報告されてお...

平屋建てのデメリット土地が広く必要になる 建物の面積は、建てる敷地の広さに対して地域ごとに上限が決められています。平屋建ての場合、建ぺい率という点で不利になります。建ぺい率とは、水平投影面積といって、単純に言うと上から見た建物の面積です。2階建ての場合、1階と重なる部分は計算されないわけです。例をあげれば、建ぺい率が50%という地域の場合、建築面積30坪の建物を建てる時には60坪の敷地面積が必要に...

TOPへ